家計簿・日記・手帳・献立・持ち物リストを全て一冊のスケジュール帳でまとめることにしました

スポンサーリンク

最近本屋さんへ行くと、スケジュール帳と家計簿が並んでいて、なんだかわくわくしていました。

学校へ通っていた頃は講義やバイトの管理に、仕事の時はスケジュール管理にとあれこれ悩みながら買っていましたが、あまりにも種類がありすぎますよね……。

 

主婦になってから必要無いと思ってスマホ管理していたのですが、思った以上に書き込むタイプが必要だなと感じる機会が多く、今年は購入を決意しました。

で、どうせなら普段の書き物を一つにしてしまえと、家計簿も日記も献立メモも、スケジュール管理も持ち物リストも、全部その一冊にまとめることに。

 

買った手帳

本屋さんでもパラパラ見たのですが、最近の手帳は色んなことを書く欄がありますね。将来の夢とか、座右の銘なんかを書くタイプなんかもありました。

(ジブン手帳とかそういうタイプですよね……)

 

でも、結局複雑そうなのは使いこなせる自信がないので、飽きちゃっても気にならない値段で至ってシンプルなコチラを購入しました。

image

3COINSのものです。字が白だったら言うことなしだけど、仕方無いです。

 

外についているカレンダーは不要なので、好きな柄の紙を入れてみました。

image

とりたてて変化があるわけでも、お洒落になったわけでもなく(笑)多分飽きたら取ります。

 

中身は年間チャート、マンスリー、ウィークリー。ウィークリーは週間セパレート式というタイプ。

1000円多く出せば全く同じような中身でデルフォニクスのものが買えるので、もし3COINSのカバーがぼろぼろになったりしたら買い替えるかも……。

 

母子手帳ケースと同じキトリシリーズも良いんだけど、お値段がちょっと……。あと、私が使っているポーチの色も無い……。

 

家計簿兼用にする

今までは家計簿をつけていたのですが、今回からは手帳にまとめることにしました。

私はその場その場でスマホの家計簿にメモ→紙の家計簿に写すということをするので、よくある家計簿よりも簡易でよくて。

ウィークリーの欄に、ざっと項目に分けてそれまでの合計額をメモしています。

詳しく見たい時はスマホで確認していますが、一冊の家計簿よりもスケジュールに書いた方が、何をした日にそれを買ったのかがわかって便利になりました。

 

献立メモも取る

妊娠中ということもあり、食べたものをメモし始めました。ウィークリーの隣りのメモページに、簡単に書きます。

ついでに開いたスペースに冷蔵庫の中身を書いておけば、先の献立も思い立った時に考えられます。

丸々1ページメモ欄ということで、かなり広々使えて便利です。あまりしないと思うけど、レシピのスクラップとかも出来るかな?

 

持ち物リストも作ってみる

最後の5ページほどはただのメモページになっているので、ここを持ち物リストにすることに。

まだ書いてないですが、服とか食器とか、本をカウントしていきたいなと思っています。

いざ文で書いてみるとかなり持ってるなということが毎度ブログで思い知らされるので、手書きだと更にそう思いそうです。

物を増やさない、買いたい欲を抑える効果があればいいなぁ……。

 

日記はあんまり詳しく書くタイプではないので、その日何をしたか、どこへ行ったかの一言程度ですが、家計簿と照らし合わせることが出来て、バラバラの時より便利になりました。

これであちこちのノートに書いていたレシピや日記、色んなアプリを減らして、管理を簡単に出来るはず。

2秒家計簿"おカネレコ"・300万人が使うもっともカンタンでもっとも続く無料で人気の家計簿アプリ

posted with ポチレバ

ほなまたー。