おもちゃ収納をカバコに変えたら、お片づけが出来るようになりました

スポンサーリンク

先日のスーパーセールで買ったカバコという収納用品……。

 

(左のSを2つ、右のMを1つ購入しました)

 

我が家ではおもちゃの収納に使うことにしたのですが、思った以上の実力を発揮してくれました。

なんと、お片づけを娘が自らしてくれるようになったのです!

 

IMG_7267.JPG

こちらが先日までのおもちゃ収納。

関連記事:汚部屋時代の自室&最近のリビング

 

走り回る娘さんの為に低く安全な布製のものを使っていたのですが、私が秋花粉のせいか部屋にいるとくしゃみが止まらなくなってしまい、慌ててプラ製に変更。

 

投げ入れ収納が出来て便利ではあったのですが、本人がお片づけはまだ出来ませんでした。

取り出す時も結構頭を突っ込んでいて取り出し辛そうだったのも気になっていました。

 

カバコを設置してみる

IMG_7316.JPG

こんな感じです。

夫が何故かルンバ的なものを持ち帰って来たのが邪魔です……置き場を考えなければ。

 

IMG_7315.JPG

積み重ねは3段までということでした。

下にM、上にSを2つ重ねています。上の段には積み木とブロック。

 

IMG_7314.JPG

開けるとこんな感じ。上から

  • 知育(軽いもの)おままごとセット、ボール)
  • 知育(ちょっと重いもの)、その他のおもちゃ
  • 知育(重いもの)、絵本

という風に収納しました。

 

娘が立った時に、ちょうど一番上の段に視線が来ます。

ですので最近ブームのおままごとをここへ入れてみました。

 

これにしてから、絵本とおままごとセットのみですが自分で入れに行くようになりました。

お風呂前と外出時、就寝時にはお片づけをするのですが、私が何個か片付けると真似するように。

 

その他のおもちゃゾーンだけは、興味が無さそうで入れてくれませんが……。

片付ける場所がわかることが第一歩なので、大きな前進とも言えます!

 

カバコの良い所

1、フタが中に収納出来る

跳ね上げ式や投げ込みと違って、フタが完全に中に入ります。

これにより、遊んでいる時は常に解放状態に出来ます。

いちいち開ける必要が無く、遊ぶ時は開いている→片付けたら閉めるというメリハリがつきました。

 

2、半透明で圧迫感が少ない

おもちゃを完全に見えなくすると子どもが遊ばなくなりますが、これは中の色が多少透けるので子どもでも認識出来ます。

しかし、半透明なのでごちゃつき感や圧迫感は少なめです。無印の衣装ケースと似た感じですね。

 

3、増減した時の見た目が良い

高さが揃うようになっているので、将来的に増やした場合もスッキリ揃えられます。

また、キャスターの取り付けも可能なので、クローゼットやパントリーなど、掃除を頻繁にしたい場所にも置きやすいと思います。

我が家は設置してから掃除がし辛いな……と感じたので、キャスターを追加購入する予定。

 

 

というわけで、おもちゃ収納にカバコ、おすすめです。

シンプルなので、使わなくなれば衣服の収納にも使えますし。

特に引き出しの衣装ケースや跳ね上げ式のこういうコンテナと違って、押し入れやクローゼットの手前が狭くても開閉がし易い所が良いと思います。

 

スペースが決まったことで、前以上に定期的におもちゃのチェックが必要にはなりましたが……。

好みがかなりハッキリして来たので、前より判別はしやすくなったかな。

 

大型の知育玩具やスケッチブック類は勝手に出されない場所に収納しました。

そちらはまだ改造途中なので、またご紹介したいと思います〜。

 

ほなまたー。