体のメンテナンスは普段の食生活で/質素で充分

スポンサーリンク

スキンケアやメイク用品はほとんど持たずに生活しています。

今は皮膚科でもらった保湿剤とビタミン剤のみを使用しています。日焼け止めは娘と兼用です。

 

体を整えること、オイルやグリセリンでのナチュラルなスキンケアなんかが流行っていますが……

それを作る手間、考える手間も面倒だなと思ってしまうズボラ人間です。

 

最低限これだけ

私が健康的に暮らすために気をつけていることが少しだけあります。

  • 朝ごはんを食べる
  • 水ではなくハーブティーを飲む
  • 鶏胸肉を食べる
  • トマトを食べる
  • 塩分は控えめにする

これくらい。

医学的根拠は無いのですが、ずーっとこの生活をしてきて、体調を悪くしたことがあまり無いので続けています。

 

水だとお腹を冷やしてしまうので、なるべく夏でもお茶をいれます。

普通のお茶ではなくて、その時の気分のハーブティーを飲むことでストレスも解消できている気がします。

妊娠中、授乳中はママハーブに大変お世話になりました。今は卒乳したので、母乳分泌を抑えるためにミントティーを飲んでいます。

生活の木のミルクハーブがスッキリした味でお気に入りでした。

 

脂っこいものがあまり好みではないので、お肉も豚や牛よりも鶏肉をメインに使います。胸肉が安いので、週4くらいで食べています。

また、味の濃いものも苦手。基本的には塩胡椒かポン酢で味付けです。ずっと祖父の高血圧対策の食事が我が家の味だったので、慣れてしまいました。

 

トマトは洗ってそのままで食べられるのでよくサラダ代わりに出します。

医者いらずとも言われますし、食べて悪いことはないかなーというくらいの気持ち。

 

たまにケーキやお菓子も食べますが、基本はおやつの時間に補食としてか、夕食後のデザートとしてです。

小腹が空いたから間食という感じではないです。

 

これらの生活を20年以上続けて来て、太ることもないですし、肌が荒れることもありません。

母乳もよく出て詰まりませんでした。便秘や下痢もほとんどありません。特別なケアで疲れるより、よほど健康的です。

 

質素なものに慣れる

世間では質素でも豪華にとか、品数を増やすとか、彩りが大事とか、食を楽しむことに重きが置かれている気がします。

でもそれを毎日続けるのはしんどい。だから我が家では、そういうものは外食にお任せです。

自宅では薄味で、見た目よりも健康的な食事を重視しています。出汁やほんの少しの調味料で、素材の味を生かした食事です。

 

ずっとこういう食事なので、外食は外食の味、家の味は別と思えます。必然的に減塩、オイルカットが出来ます。

慣れてしまえばなんてことはありません。ただ、定食や家庭の味の店だとやはり味は濃く感じてしまいますね……。

 

こう書くと、単純に私の中には祖母の暮らしが生きているのだなと思います。

母子家庭で祖父母が日中面倒を見てくれていたので。

 

食育を考えて、娘にはそれなりに盛り付けは工夫しています。

食べることが大好きなので、見た目よりもとにかく早く食べたい!という感じではありますが……。

 

食器もかなり質素です。シンプルというより、無頓着と言われるかもしれません。食器のことは、また次回。

ほなまた。