【お母さん仕事】を楽しむ。ひぐまあさこさんの本を読んで。

スポンサーリンク

最近、本屋さんで気になる本を見つけて読んでみました。

基本的には実物で読みたい派なので、本はすぐ買っちゃいますね。

私の住んでいる県の図書館は、郷土資料が多くて一般の本はなかなか新作は入荷されないので……。

 

 

もっと楽しく、少しだけていねいなお母さん仕事

-家事力をぐんと上げる93のヒント-

ひぐま あさこ ワニブックス 2014-08-22
売り上げランキング : 6309

by ヨメレバ

こちらです。

なんとなく最近黄色が気になるので、目を引いたのはそれもあるかも。

 

お母さんは仕事?

私は元々オタクで、妊娠が解るまではあちこち飛び回っていました。

家事もほとんどしたことが無くて、汚い部屋に住んで、適当なものばかりを食べていました。

 

妊娠してからこれではいけないと掃除、整理整頓、ある程度の家事が出来るようにはなりましたが……。

世の中には「母」「妻」「会社員」と、複数をこなしているお母さんが多くてびっくりします。

 

正直なところ、仕事で会社に行っている方が私は楽でした。とってもゆるい職場だったので。

今その会社とは揉めに揉めているわけですが(コンプライアンスもゆるゆるだった)、仕事自体はとっても好きだった。

戻れるなら同じブランドの同じ店に戻りたかったなーとは思います。

 

お母さんを仕事と思っている方は、母であることにプロ意識を持っていらっしゃいます。

毎日それでは気を張って疲れないかなと思うのですが、それが「求められている」という喜びの人もいる。

うーん……私にはあまりない感覚。

 

私には無理だなと諦めも肝心

で、結局この本はとってもとっても素敵な本ではあったのですが。

真似したいかと言われると、そうではありませんでした。

 

既にきちんと毎日主婦をされていて、「何の為に毎日家事育児してるんだ?」と思ってしまう方にはおすすめ。

でも私のように、「毎日の家事がいっぱいいっぱい」の人には、ハードル高過ぎ

 

とりあえず3食きちんと食べるようになっただけでも我が家では相当褒められました。

もう少し主婦レベルが上がれば、この本も役に立つ日が来るのかな?

 

この本はちょっと寝かせて置くことにしました。気が向いたら売っちゃうかもしれないけれど。

ほなまた。