子供のおもちゃを断捨離しない理由。少ない方が良いわけではない?

スポンサーリンク

断捨離を始めてからは物を厳選して買っていますが、子供のおもちゃだけはあまりセーブしていません。まだ一歳未満のわりには、かなりたくさん持っています。

ミニマリストさんの子供部屋をブログで見るたびに、これって本当に子供部屋?と思ったり……。

 

というのも、娘には歳の近いいとこが二人います。さらにカツオとワカメのように、歳の近いおじさんおばさんもいます。

この四人から大量のお下がりが来るわけです。

メリーやジム、ボックスタイプのおもちゃ、ぬいぐるみや室内用のカートなど……お下がりで頂きました。

 

しかし、こんなにたくさんあるんだから……とクリスマスのおもちゃを買わないということはしません。

きちんとクリスマスもやりました。お父さんサンタと、お母さんサンタから。

お父さん、超フライングで何故か2歳児からのおもちゃ買ってきたけど……、一緒に遊びたかったのか?

 

何故セーブしないのか

おもちゃを減らしたり、インテリアに合うものだけを買うのも一つの方法ではあると思います。

しかし、それでは好みや触れるもの、遊びに制限がかかってしまうと思います。

木のおもちゃとプラスチックを組み合わせた時の手触りの違いとか、プラスチックならではの透明感、発色とか。

子供向けのおもちゃって安っぽいけれど、それはつまり子供にとっては魅力的なものなんですよね。

 

あまりに沢山あると処理しきれなくなるともいいますが、案外赤ちゃんって賢くて、自分のおもちゃは覚えているみたい。

その中で噛み心地が好きなもの、手触りが好きなもの、音が鳴って楽しいものなどのお気に入りはあります。

 

おもちゃが少ないと、好みは親が作り上げたものになってしまう気がして

これは私がオタクなので好みが偏っているということもあるのですが……。

 

極力自分で自分の趣味嗜好が育つように、おもちゃはなるべく様々なものを、定期的に増やしたり隠したり入れ替えて遊ばせたいなと思っています。

頂き物でセンス悪いなと思っても、子供にはウケが良かったりしますし。

 

親の思い通りにはいかない

親がセーブしようが増やそうが、いずれは必ずおもちゃでは遊ばなくなります。

その時が、断捨離のタイミングだと思って子育て中は見守りたいなと思っています。

 

ちなみに、最近買ったおもちゃでヒットはこちら。

アンパンマンのよくばりボックス。

安定のアンパンマン。まだ対象年齢ではないのですが、友人宅で普通に遊べていたので購入。

お気に入りは、押すと出てくるマヨネーズです。ずっとマヨチュッチュしてます。

あと、つかまり立ちの練習にちょうどよかったようで、これを買って2週間後につかまり立ちが出来るようになりました。

 

し、新型が出るらしい……しかもスマホもついてる。もうちょっと待てば良かったかも。

 

ちなみに使わなくなったおもちゃ類は、捨てるのは勿体ないですが譲る人も今のところいないため、駿河屋さんへ買取に出しています。

関連記事

駿河屋での買取最終結果は、4万5千円弱でした
駿河屋さんで見積もりをしていた分の最終査定結果が出ました。思っていた以上の高額買取で嬉しいです!→ 駿河屋について見てみる 査定結果約200点を査定に出し、45000円弱(振込手数料が引かれますが)と、ちょっとした旅行に行ける値段になりま...

 

ほなまたー。